> ローンの年率の計算方法について

ローンの年率の計算方法について

どの会社でローンを組むにしても金利がかかってきます。
この金利というのは年率として表示されているので、
手数料などを含めた金利であり、
利息を計算するときはそのまま利率をかけることで利息を算出することができます。

ローンを組む場合に利息はしっかりと把握しておかなければ、
毎月いくら利息を支払っているのかを知らない場合に
借金がなかなか減らないケースがあります。

リボ払いは元金が減りにくい

例えば、その代表的な例がリボ払いであり、毎月小額の返済をしていくことができる
という返済方法ですが、最少額に返済額を設定している場合など
利息で返済額が取られてしまうので元金がさほど減らないという現象が起きます。

こうしたときにローンの年率から利息を算出していれば、
自分にとって好ましい返済額をしっかりと決めることができます。

日割りの利息を算出してみる

ローンの利息は利率×元金÷365で日割りの利息を出せます。
そして、日割りの利息に借入日数をかけると
返済日に支払い利息をしっかりと算出できるので、
これを覚えておくと良いです。

借入日数というのは返済日までのことなので、初めて借り入れをしたときは
最初の返済日までが借入日数となり、
その後は返済日から返済日までが借入日数となります。
返済日が近くなりますと、金融会社は利息を含めて返済額をお知らせしてくれます。

この時に返済額からいくらの利息が差し引かれるのかを聞いておくのも一つの方法です。
自分で計算できるとかなり便利なので覚えておきたいものです。