複数社からの借り入れ

例えば、消費者金融1社からの借入限度額が20万円だったとして、
その限度額いっぱいまで借り入れてしまい、
さらに借り入れをしなくてはどうにも立ち行かなくなってしまったとしたら、あなたならどうしますか?

もちろん「これ以上借り入れをせずに済むように努力をする。」
というのは当然ですが、どうしても立ち行かないという状況は、
すぐにどうにかできるものではありません。

こういった場合、やはりさらに別の消費者金融から借り入れるという
選択肢を選ぶしかありませんね。

このようにして複数社からの借り入れとなってしまう場合、
おおよそ3社までであれば、借り入れができてしまうことが多いようです。
また、逆の言い方をするのであれば、3社以上の借り入れとなってしまった場合は、
いわゆる多重債務と呼ばれる状況になり、
これ以上の借り入れを行わないほうが良いことはもちろん、
実際に審査に通ることが難しくなります。

総量規制について

また、これとは別に総量規制。
年収の3分の1を超える借り入れについては、
これ以上多重債務者を増やさないという理由から、
借り入れができない決まりになっています。

実は複数社から借り入れるかどうかよりも、
この総量規制のほうが重要になってくるケースが多くあります。

審査に通るかどうか?借り入れが可能がどうか?
という点は、複数社かどうかに関わらず、その人の年収によって決まってくる
といえるのです。

銀行の借り入れは含まれない

そして大事なことを書き忘れていました。

総量規制とは、貸金業法の規制ですので、貸金業に対しての規制となります。
貸金業とは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングによる借り入れなどが対象となります。
これらの借入額については総量規制の対象となりますが、
いわゆる貸金業ではない銀行からの借り入れ、銀行のカードローンなどの場合は、
総量規制の対象外
となるのです。

銀行以外にも、住宅ローン、自動車ローンなどは
総量規制の除外項目
となっています。

こういった理由も含めて、もしも審査が通って
銀行からの借り入れが可能なのであれば、
まずは銀行からの借り入れを検討したほうが、
後々の為にも良いといえるのではないでしょうか?